人材育成コンサルティング

組織のニーズに合った研修プログラムを企画・運営いたします。

研修プログラムを企画、運営はじめに
コア・コンサルティングについては、これまでのクライアントからの依頼のもっとも多いコンサルティングである「社内トレーナー育成コンサルティング」を参考として記載しております。弊社においては、主力コンサルティングとして他にも次の内容のサポートが可能です。他のコンサルティングもご検討いただければ幸いです。

  • 人材育成コンサルの狙い
  • 目指すべきトレーナー
  • コンサルの流れ
  • 社内インストラクター育成コンサルティング
  • OJT(職場内訓練)のプラン構築コンサルティング
  • オリジナル研修構築コンサルティング
社内トレーナー育成コンサルティングの狙い
(1)目指すべきトレーナーの明確化(明文化)
(2)貴社オリジナル・トレーナー育成プログラムの確立(伝承者育成)
(3)新人スタッフ・トレーニングプランの確立(クオリティの高い均一人材の育成)
(4)上記3項目のマニュアル化(形式知化)
企画キーワード
『お客さまの喜びと一緒にスタッフ育成の喜びを創り、個人と企業の成長を図る』
コンサルティング期間
基本1年 ※プログラム内容により相談させていただきます。

目指すべきトレーナーの明確化(明文化)

目指すべきトレーナー像の抽出
(コンサル内容)組織内情報の調査および、抽出方法のアドバイス。アセスメントなど。
・組織のミッションやビジョンにあった理想の人材像の確立
・具体的な基本姿勢、求められる能力、行動要件などリサーチとアセスメント
抽出した内容の活用
(コンサル内容)現状分析。社内コミュニケーションプラン構築。アセスメント、社内プレゼンの指導など。
・現状の人材の姿勢、能力、行動、トレーニング方法・状況のリサーチとアセスメント
・社内説明会の開催、ブックレットの作成・配布

トレーナー育成プログラムと新人スタッフ・トレーニングプランの確立

過去実績によるトレーナー育成サンプル

1.成果
  1. 貴社トレーナー制教育体系の構築とノウハウの蓄積⇒他業務に応用も可能
  2. トレーナーとして自信とトレーニングノウハウを身につけた人財・人在の増加
  3. 憧れの存在に自分もなれるといった、他のトレーナーのモチベーション醸成
2.育成方法
(コンサル内容)トレーナー育成プラン、新人スタッフ・トレーニングプラン作成。
コアトレーナー育成、コアトレーナーフィードバック など。
  1. コアトレーナーの育成(主な育成内容)
    ・CS(顧客満足)について
    ・コミュニケーションスキルについて
    ・トレーニングスキルについて
    ・トレーニングマインドについて
  2. 全トレーナーの育成(コアトレーナーが育成する)
  3. 新人スタッフの新トレーニングプランの始動
3.フォローアップ: すべての内容を「マニュアル化」していきます。
【マニュアル化とは】
・文章化(電子化)
・コンピューター化
・映像化 など

コンサルの流れ

主な年間で行われる内容です。
組織内リサーチとアセスメント
実施内容の社内告知(教育方針)
トレーナー育成プラン・新人スタッフトレーニングプラン立案
スクリプト作成と教育設備・教材の検討
コアトレーナー育成期間
全トレーナー育成期間
マニュアル化
新人トレーニング始動
定着化と改定作業の検討

ページトップへ